空港周辺で利用出来る駐車場のタイプはどんなものがある? 格安でお得!関西空港駐車場エリーモータープール

空港周辺で利用出来る駐車場のタイプはどんなものがある?

駐車場
空港へ自家用車でアクセスする場合、駐車場を確保しなければなりません。駐車場を確保する方法としては、3つあります。

・空港内駐車場
・デリバリー式の民間駐車場
・送迎式の民間駐車場

空港内駐車場

1つ目は空港が運営する公式の「空港内駐車場」を利用する方法です。空港内駐車場はターミナルビルに隣接しているケースが多いので、荷物が多い場合もそのままターミナルに入ることが出来、移動が楽というメリットがあります。

一方で、「料金が割高である」「満車で入れない可能性がある」というデメリットもあります。例えば、日本の主要空港の1つである成田国際空港では1日ごとに2,060円の料金がかかるため、2泊3日の旅行で6,000円以上の駐車料金が取られてしまいます。

空港によっては利用料金に深夜・早朝割引、障がい者割引、特別会員割引など割引料金が適用されることもありますが、長期旅行で数日以上預ける場合はそれなりの出費を覚悟しなければなりません。

また、お盆など旅行者が多い時期は満車で入れない可能性もあります。どうしても空港内駐車場を利用したい場合は事前予約をして確実に駐車スペースを確保しておきましょう。

デリバリー式の民間駐車場

2つめはデリバリー式の民間駐車場を利用する方法です。デリバリー式の民間駐車場を利用するには、行きはターミナル内にある民間駐車場まで車を運転し、そこで業者に車を受け渡します。帰りは電話連絡などで空港の到着ロビーまで車で運んでもらい、そこから自分で車を運転して空港を出発するという流れです。

料金は利用空港や業者によって異なりますが、安い業者で3日間3,000円程度、相場は5,000円前後が多いです。荷物が多い場合もターミナル前での受け渡しになるため、負担になりません。

ただし、車の鍵を利用業者に預けなければならないので、信頼出来る業者を選ぶ必要があります。また、空港によっては認可業者以外の利用を推奨していないケースもあります。例えば、関西国際空港では空港内混雑の影響を考慮して認可外の業者を利用しないように注意喚起しています。安さだけで選ぶのではなく、信頼出来る業者かどうかも事前に相対比較しておきましょう。

送迎式の民間駐車場

3つめは送迎式の民間駐車場を利用する方法です。送迎式の民間駐車場を利用する場合は、2パターンのケースがあります。

1パターンは、「行きは空港近辺の駐車場に車を止め、送迎バスでターミナルまで送ってもらい、帰りは送迎バスで駐車場まで行って車を受け取る」という方法です。

あらかじめ車を駐車してからバスで空港へと向かうため、車の鍵を預ける必要がありません。料金も安い業者で3日2,000円程度からとデリバリー式の民間駐車場よりもやや安いケースが多いです。セキュリティ面が不安な人や荷物が少ない人は送迎式の民間駐車場のメリットは大きいと言えます。

2パターンは「行きは空港近辺の駐車場に車を止め、送迎バスでターミナルまで送ってもらい、帰りはターミナルまで車を運んでもらう」という方法です。

こちらはデリバリー式の民間駐車場に近く、車の鍵を預ける必要があるため、セキュリティ面で信頼出来る業者を選ぶ必要があります。ただし、帰りの荷物が多くなりそうな人はこのパターンを利用した方が楽に帰ることが出来るというメリットもあります。料金は3日4,000円程度からとデリバリー式の民間駐車場に近いです。

このように空港周辺で利用出来る駐車場は様々です。予算や荷物の多さなどを総合的に考慮して最適な駐車場の利用方法を検討してみてください。


ページトップ